若い人でも乳がんになることというのはあるのでしょうか? 残念なことに、若い女性でも乳がんになってしまう人はいるのです。 一般的に、がんは年をとるほどそのリスクが高まると言われています。 ところが、乳癌の場合には、30代後半から発症する人が増え始めます。 そして、その発症率のピークは、なんと四十台後半なのです。 また、以前は50代後半からは次第に減少傾向にありました。 しかし、昨今の生活習慣の変化が原因なのでしょうが、この傾向にも変化が見られつつあるみたいです。 とはいっても、若年層のがん疾病率が減ってている訳ではなくて、60代前半から再び乳癌の疾病率が上がる傾向が見られ始めているそうです。 つまり、乳がん発症率のピークが2回に増えたということになりますね。 高齢化がすすんでいることも原因の一つかもしれませんが、やはり食生活などの生活習慣(生活する上での習慣をいいます)にも一因があるのでしょう。 それに、近年では、年齢の割には若々しい女性が増加していますから、女性ホルモン(女性らしさを保つためには必要不可欠です)が長期にわたって活発に分泌されている方が増えたということかもしれませんー