*

2017年4月

いんきんたむし、あせっかきは春先から憂鬱になるよね

「肝臓の機能の悪化」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP等3つの数値で判断することができますが、ここ数年間で肝臓の機能が低下している方々が明らかに増えているとのことです。
暗い場所だと光量不足によって物が見づらくなりますが、より瞳孔が開くため、目の水晶体のピントを合わせるのに余分なエネルギーがかかり、光の入る場所でモノを眺めるよりも疲労が大きいと言えます。

陰金田虫は20~30代の男性多く見られる傾向があって、ほとんどの場合は股間の周辺だけに拡大し、体を動かしたり、風呂から上がった後など身体が温まると強烈な掻痒感を招きます。

急性中耳炎(Acute otitis media)は、一番よくある中耳炎で幼い子供によく発症する病気です。耳の痛みや熱、酷い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(耳垂れ)などのいろいろな症状が出ます。

高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、現在までの研究結果により、予防効果を見通せるのは、接種の14日後くらいから約150日間位と考えられているようです。


ヒトの耳の内部構造は、外側から順番に「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に分類されますが、中耳のところに黴菌やウィルスなどが感染し、炎症が誘発されたり、液体が溜まる病気が中耳炎というわけです。
日々の折り目正しい暮らし、食べ過ぎないこと、楽しい運動やスポーツなど、一見アナログともいえる体への考え方が皮ふの老化防止にも関係しているのです。

5-HT神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みを鎮圧し、様々な器官の覚醒などを操作していて、単極性気分障害の方はその機能が鈍いことが明らかになっている。

もう既に歯の周りの骨を脆くさせるまでに酷くなってしまった歯周病は、残念ながら病状が治まったとしても、エナメル質が元通りになるようなことはないのです。

腹部の右上にある肝臓に脂質やコレステロールが付いた脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、肝硬変や糖尿病を始めとするありとあらゆる生活習慣病の合併症を招く可能性が高いといわれています。


一般的には骨折を起こさない程の僅かな力でも、骨の限られたエリアだけに複数回繰り返し続けて力が加わることで、骨折してしまうこともあります。
黴菌やウィルスなど病気を生む病原体が呼吸とともに肺へ進入して罹患し、肺の内部が炎症反応を示している状況を「肺炎」というのです。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を有している血液や精液の他、女性の母乳、腟分泌液といった類の体液が、看病する人等の傷口や粘膜部分などに触れれば、HIV感染のリスクが大きくなるのです。

子どもの耳管の仕組みは、大人と比較して太目で短めの形であり、加えて水平に近いため、細菌が入り込みやすくなっているのです。幼い子どもが急性中耳炎を発症しやすいのは、この作りが関係しています。

ダイエットに勤しむあまり摂取カロリーの総量を控える、十分食事を食べない、こういった暮らしのスタイルが結果的に必要な栄養までもを不足させ、深刻な冷え性をもたらすことは、何度も言われていることなのです。


多汗症でお悩みの方、必見です。↓
久保田式多汗症の評判はこちら