*

注目

紅白会見についてのコメント

今年は紅白会見も

全く盛り上がらなかったということ。

 

出演する人達も定番化して

目新しさも無くなっていると

いうところがあるのかもしれません。

 

ネット上の反応を見ますと

 

たぶん史上最大にずっこける。

(まさかのスマップ出場があれば別だが)

 

大晦日の過ごし方も様々で外出派も多い。

紅白というより、家でテレビを見て過ごす人が大幅に減少した。

 

紅白歌合戦って...

まず名前が時代遅れやね

 

お年寄りの今年も生きられた事を実感する為の年中行事

 

家族団らんのBGMとしてTVをつけてる。

 

もう何年も紅白見てないが、

ゆく年くる年は見るなあ

 

 

AKBで視聴率を取れると思っているNHK

あほ?

そんなのサプライズでも何でもない。

紅白選抜なんて・・・。ヲタがまた大騒ぎしているだけ。

一般はどうでもいいんでしょうね。

 

今回は、ネットの意見聞いているのかもしれないが、実際に見るのはネットで意見言わない人たち。

ネットはいうだけ言うけど、そもそも紅白なんて見ない。

 

今回は、それを視聴率って形で思い知るんでしょう。

NHKは。

 

ここから迷走が始まる。

 

若者は元々見ない。

 

ヲタのおじさんは、推しだけ見る。

もしくは、もうみない。

AKB系なんてもう何回も出ているから、たぶんもう見ていないんでしょう。

本当は他グループを選んだりして緊迫感を常に与えるほうが、見る確率は高くなる。

安心させるとなまけるから、入れ替えたほうがよかったんじゃないか?

 

高齢者は、重鎮が卒業などで減っているので、見なくなるのでは?

ここがいたいと思うが。

 

 

大御所を切ってSMAP解散に期待するレベルの制作方針ですからね。

 

既視聴者が離れるが、新視聴者を増やす企画が出てきてない。

 

敏感な事務所関係者は、NHKとの付き合いもあるけどメリットが・・・と悩み始めてると思います。

 

 

 

さ~て、今年の「笑ってはいけない」は誰がサプライズで出るかな~。

 

どうせサプライズ的な歌手は中継だしね

 

このようなコメントとなっていました。


1日の時間は本当に短い

1日の時間は本当に短い、

そう感じるということは充実していると

いうことなのかもしれません。

 

大変な仕事でガンガンやっているときは

あっという間に時間が過ぎますが

大変な仕事でも性質が違って

時間が過ぎるのを待たなければいけないような

ものの場合、1日が長いなあということに

なります。

 

仕事をしている長いなあと感じるようなときも

あるのですが、今は本当に短いと

思ってしまいます。

 

1日に働く時が8時間としたときに

朝9時から夜6時で終わり、休憩1時間。

 

気がつくと4時5時だったりなんてことは

よくありますからね。

 

時間は本当に大切に使わないと

1日はあっというまに終わってしまいます。

 

そのクセ休みの日にだらだらしてしまったり

また仕事でもうっかりだらだらしてしまたりとか

そういうことがあるのも事実なんです。

 

休みの日はわざと休息のために

だらだらするのであればいいんですけど

うっかり気がついたらというのは

避けたいですよね。

 

とにかく、時間にはしっかりと意識を

もって動いていきたいです。


サプライズで盛り上げてみたい結婚式とは

フラッシュモブジャパンのフラッシュモブ 大坂を見て、

結婚式にサプライズでフラッシュモブを

やってみたいと思ってしまいました。

 

こういうサプライズが好きなので、是非ともやりたいです。

 

これだけの事とやれる機会と言うのも限られてくるので、

考えてみたくなりました。

 

どうせなら、派手にやって盛り上げたいなんて事を思ったのですが、

上手く実現する事は出来るでしょうか。

いろいろとアイデアとか考えると、更に楽しくなりそうな気がします。