*

部屋にあった米と汗の臭いがヒドイ

1週間ぶりの部室のドアを開けると、少し変な臭いがしました。

体育会の部室ですから汗臭いのはいつも通りなのですがそれとはまた違った異様な臭いです。我々は机の上にあるその原因を見つけ、思わずゲエとえずきました。

そこには先週行った焼肉会で余った米がそのまま放置されていたのでした。

黒黒とした塊やふわふわの胞子、黄色いエリアなど、見るに耐えない惨状を目の前に、友達は処理を私に押し付けました。

私だってやりたくないが、でも誰かがやらねばならぬ。

そのへんのビニール袋を手にはめて、マスクはないので服で口鼻を覆いながらその激物をゴミ袋に詰めました。服越しにもその強烈なカビ臭で咳き込みました。

「偉いねえ」と作業を遠巻きに見る友達らを睨みながら、でも一日一膳、良い事をしているのだと開き直ります。

流し場で何度もボウルを洗い、綺麗さっぱりにします。

作業後、お腹が空いてお弁当のおにぎりをもぐもぐ食べる私を見て「お前正気か」と引かれました。知ったことか。

それにしてもこの部屋の汗の臭いにももう限界がきています。みんなに多汗症の治療をしてほしいくらいです。この久保田式多汗症についてのマニュアルでもみんなで見ようかな。→久保田式多汗症について



コメントする